読書 論語

『論語』を読んで思うこと

ようやく、『論語』を読み終えました。

いや〜いろいろ考えさせられましたね〜。良い本でした。

非常に勉強になりました。特に、中年の私にとっては。

著者が言うように、この改訂版には、「手がかり索引」「孔子略年譜」が付け加えられていて、とても便利です。

孔子の生涯とブッダの生涯がある重なっている時期があり、それについて最後に二人を比較した年表も付いています。

今日は、私が、一番印象に残った詩をご紹介します。

子曰、吾十有五而志乎学、三十而立、四十而不惑、五十而知天命、六十而耳順、七十而従心所欲不踰矩。

「先生が言いました。

私は十五歳のとき、学問に志(こころざし)を向けました。

三十歳のとき、独り立ちしました。

四十歳で、自身の進む道に、迷うことがなくなりました。

五十歳で、天が私に与えた使命を理解しました。

六十歳で、人の話を良く聞きくようになりました。

七十歳で、自分が心のままに行動しても、規範(きはん)からはずれることがなくなりました。」

皆さんは、どの歳に該当するのでしょうか。

私は現在四十四歳なので、「自身の進む道に迷いがなくなった」という歳になりました。

いつもは、「う〜ん...」と思うのですが、

不思議なことに、これは、自分に当てはまっています。

確かに、迷いはなくなりました。

私は、僧侶でありながら、今まで、天台宗に全く興味がありませんでした(笑)

しかし、最近は最澄(さいちょう)ってすごいな〜とか。

比叡山にお参りに行きたいな〜とか。思います。

実際、年の初めには、必ず比叡山にお参りし、何度も行きます。

また、おすすめスポットはいずれ。

このブログを始めたきっかけも、もっとたくさんの人に天台宗の良さを知ってもらうことでした。

あと6年で、五十歳です。

天が与えた使命に気づくのでしょうか(笑)

ではまた。

 

 

 

 

-読書, 論語

Copyright© 天台太子 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.