Tendai Taishi Written by Seimin Kimura

スピーキングを磨くにはスピーキングテストと海外ドラマ

English Speaking

いきなりですが、日本の英語教育はスピーキングに向いていません。

それは、東大や京大を卒業しても、英語が話せない人が多いことからもわかります。

もちろん、そんな大学を卒業した人は、試験問題(ペーパーテスト)をサクッと解きます。

でも、英会話となると…

トホホ…

今回は、そんな悩みを解決して行きましょう!

日本の教育は、スピーキングに向いていない

日本の英語教育はこんな感じ。

  1. 大量の英単語を覚える
  2. マニアックな文法を覚える
  3. 結局、英語が話せない

しかし、本来はこんな感じでなければなりません。

  1. 使い回しのきく表現を身に付ける
  2. 簡単な英語で、とにかく外国人と話す
  3. 英語で話せる

言い方を変えると、インプットより、アウトプットが超大事

頭で分かっていても、実際出来ないですよね。

でも、今日から実践してみましょう。

必ず話せるようになりますから。

オンライン英会話を利用すべし

オンライン英会話を使わない手は無いです。

マンツーマンレッスンで、しかも、1レッスン数百円。

神でしょ。

DMM英会話がオススメです。

今なら、月6,480円(税込)ですね。

1日25分、1レッスンが毎日受けられる。

ちなみに、私が選んでいたのは、セルビア人です。

すごく英語が綺麗です。

あと、頭がいいイメージ。←これ個人差あります。

英会話で失礼な表現を気にするな

オンライン英会話をはじめて、気になるのが、「失礼な言い方をしていないか」です。

知らず知らずのうちに喧嘩売っていないかってやつですね。

ぶっちゃけ、気にすることないです。

英語って、日本語よりアバウトな感じです。

そもそも、英会話を習いに来ている人(初心者)に、完璧なんか求めていませんから。

Have ~

強いて言うと、

Sit down. 「座れ」

って失礼ですよね。

これは、Have a seat. にすればいいだけ。

Have ~ は、めちゃ使えます。

  • Have a seat. 「お座り下さい」
  • Have a coffee. 「コーヒーはいかがですか」
  • Have a nice day. 「よい一日を」

Mrs. か Miss か Ms.

あと、Mrs.(結婚している女性)、Miss(結婚していない女性)。

ぶっちゃけ、Ms.(ミズ)でOKです。

そもそも、初対面で、相手が結婚しているかどうかわからないですよね(笑)

How about you? で無限連鎖

例えば、こんな会話があるとします。

How are you? 「元気?」

I’m fine. Thank you. 「元気です」

How was your day? 「今日はどうだった?」

Good, but I was busy. 「いい日だったけど、忙しかった」

What did you do? 「何していた?」

I was working. 「働いていました」

なんか、素っ気なくないですか?

これは、一方的に相手が、あなたに質問しているからです。

ですから、これは、「会話」ではなくて、「質問」になってしまっています。

そこで、あなたが答えた後に、

How about you? 「君はどうだった?」

と、相手に聞いてみましょう。

例えば、

How are you? 「元気?」

I’m fine. Thank you. 「元気です」

How about you? 「君はどうだった?」

I’m all right. 「まあまあかな」

How was your day? 「今日はどうだった?」

Good, but I was busy. 「いい日だったけど、忙しかった」

How about you? 「君はどうだった?」

It was holiday. I went to the park with my family. 「今日は休みだったんで、家族で公園に行ったよ」

会話になりましたね。

こんな感じで、How about you? 「君はどうだった?」 を入れて、キャッチボールをして行きましょう。

初対面の英会話は決まっている

外国人の先生との初対面は、何を話していいか緊張しますよね。

でも、それ、日本人の初対面でも同じですよね。

だいたい聞かれることはこんな感じです。

  • 自分と家族について
  • 仕事について
  • 趣味について
  • 住んでいる地域について

これらの項目について、事前に準備しておきましょう。

英会話を磨くのはスピーキングテストを受けるべし

やっぱり、テストは大切ですね。

でも、ペーパーテストはNGです。

実際に話すスピーキングテストを受けましょう。

英検もスピーキングテストがありますが、そもそも、スピーキングテストは第2次試験で、ペーパーテストを合格した後に、実施されます。

そこで、おすすめは、アルク社のスピーキングテストTSST

テスト時間は15分で、受験料は8,000円です。

手軽でおすすめです。

受験料は、ちょっと高いと思いますが、これくらい投資できないと、

そもそも上達しません。

英語単語が出てこなかったら日本語で言ってしまえ

英会話中に単語が出てこなかったら、あせりますよね。

一番簡単なやりかたは、他の単語に置き換える。

例えば、「社長」と言いたい時、boss という単語が出てこない(あるいは、president)。

そんな時は、leader とか、head とか、知っている単語を使いましょう。

それも出てこない…

日本語で、「シャチョウ」と言いましょう(笑)

例えば、

I was working in company today.
「今日、会社で働いていました。

シャチョウ told me about next plan.
「すると、シャチョウが、私に次のプランについて指示しました」

こんな感じ。

これ、恐らく、「同僚」か「上司」だよねって、分かりますよね。

海外ドラマ・映画はかなり使える

テッパン中のテッパン、海外ドラマと映画は、リスニングを鍛えるのに最強です。

あと、言い回しとか、スピーキングにも役立ちます。

手順としたらこんな感じです。

でも、ただ、毎日ぼーと見ているだけでも、結構トレーニングになりますので、あまりハードルを上げずにどうぞ。

  1. 日本語字幕で見る
  2. 英語字幕で見る
  3. 字幕無しで見る
  4. セリフを口でつぶやく
  5. 気に入った表現をネットで調べる
  6. 気に入った表現を書き留める

まとめ


いかがでしたでしょうか。

まずは、DMM英会話の無料レッスンを受けてみてはどうですか。

意外に、スッとはいれますから。

最後に今回参考にした本を紹介します。

では、良いスピーキングLIFEを!