Tendai Taishi Written by Seimin Kimura

スピーキングテストTSSTとは?

English Speaking

英語には、読む、聞く、書く、話すの能力が必要ですが、

この中で、日本人が最も苦手なのが、話す(スピーキング)です。

高校受験や、大学受験に無いから、勉強することほとんど無し。

日本の企業が推奨するTOEICにもありません。

英検は第2次試験にありますが、そこにたどり着くまで、第1次試験をクリアするのが結構大変です。

こんな感じで、日本人はスピーキングスキル壊滅状態です。

そのスピーキングスキルを修得すべく、

今回は、モチベーションを上げるための1つとして、

アルクのスピーキングテスト TSST を紹介します。

TSSTとは

TSSTは、英語教材で有名な株式会社アルクが提供する英語スピーキングテストです。

英語辞書の英辞郎は、めっちゃ有名ですよね。

英語を勉強したことがある人なら、一度は使ったことがあるはずです。

TSSTは、Telephone Standard Speaking Test の頭文字ををとったものです。

意味は、「電話による英会話標準テスト」って感じですね。

つまりは、スピーキングに特化したテストです。

TSSTのメリット

24時間、場所を問わず、電話で受験可能です。

しかも、試験は15分で終わります。

めちゃ、手軽ですよね。

でも、これがちゃんと評価してくれるんです。

ご心配なく。

あと、15分って、しゃべり続けると、めちゃ長いですよ。

ですから、甘く見ないでくださいよ〜

テストの概要


1問、45秒で、10問出されますから、合計で約15分です。

何度も言いますが、24時間受験可能は有り難いです。

TOEIC、英検とかの試験日は、日曜日で、一日拘束されますからね。

電話で受験 = どこにいてもOK

は、でかいです。

「電車、間に合わなかったらどうしよ〜」って心配は、皆無。

一番気になる受験料は、8,800円(税込み)

ちょっと、高いっす…

でも、後で言いますが、結構、ガチで分析してくれますから、

アルクさんの人件費を入れると、納得するかも。

レベル(1〜9)

レベルは、1から9まで。

ここで、レベル1とレベル9のサンプル聞いてみて下さい。

まじ、違いますから。

レベル1の回答サンプルの人、しゃべってませんから…

でも、気持ち分かる。

マジ、何も出てきませんよ。

試験までの流れ

また、「受験期間」というものがあり、「何時に試験を受けなければならない」というのは無く、自分の好きな時間に受験できます。

あと、電話で受験する以外は、すべてネットで解決します。

結果も、専用ヴェブサイトで確認します。

テストの形式

TSSTが特徴的なのは、試験問題が日本語で読み上げられるところです。

これは、リスニング(聞く)がこの試験の目的ではないからです。

ですから、問題が聞き取れなかったということはありません。

日本語で読んでくれるので、ご心配なく。

サンプル問題

サンプル問題はこちらです。

やってもてください。

45秒は、めっちゃ長いですから。

評価基準

評価基準は、大きく次の4つに分かれています。

  • 言語機能
  • 話題/ 場面
  • テキストタイプ
  • 正確さ

よく出来ていますね。

これが、約15分の試験時間で評価されるわけです。

一番大切なことは、いっぱい話すことです。

話さない限りは、評価してもらいえませんから(笑)

45秒は長いので、お忘れ無く(しつこくて、すいません)。

評価結果

受験後は、評価がこんな感じで、めっちゃ細かく送られて来ます。

おすすめ勉強方法

ってことで、どうやって勉強したらいいかですが。

ぶっちゃけ、オンライン英会話が一番です。

DMM英会話でいいと思います。

ちなみに、毎日やることが大切ですので、一日何時間もしなければならないと思わないで下さい。

それよりも、反復が大事ですから。

おすすめ本は、こんな感じです。

後はひたすら、オンライン英会話を受ける!

おわりに

スピーキングに大切なのはアウトプットです。

日本の英語教育や、TOEICなのでは、スピーキングのトレーニングはしません。

英検は、第2次試験に、スピーキングがありますが、1次試験受けるだけで、ライフゲージかなり削られますので。

「英語を話したい!!」って人は、TSSTを是非受けて下さい。

スピーキングスキルが付くと、外国人と話がしたくなり、世界がグッと広がります。

なによりも、海外で仕事が出来るチャンス到来!

今は、オンラインで仕事できますから。

夢の様ですね。

では、良いスピーキングLIFEを!