Tendai Taishi Written by Seimin Kimura

ビットコイン・ゲットだぜ!【超基礎講座】

仮想通貨

Web3や、NFTという言葉を聞くようになり、仮想通貨の価値が、また見直される様になってきました。
しかし、ビットコインは、未だに一般人には敷居の高い用語です。
さらに、NFT、ディファイ(Defi)、イーサリアム(Ethereum)など、何を言っているか全くわかりません。

そこで、今回は、ビットコインの基礎解説から、取引所案内までをします。

ビットコインは仮想通貨

まず、仮想通貨(かそうつうか)という言葉がよく分かりませんよね。
仮想通貨とは、1000円札や、500円玉のように、現実には手に取る事が出来ないインターネット上の通貨です。
一番近いイメージは、ポイントカードの「ポイント」ですかね。
「ポイント」は、財布に入っていないですよね。それは、カードの中のデータに入っています。そして、そこから出すか、現金化して使います。
ですから「ポイントそのもの」を私たちが手にすることはありません。
これと同じで、仮想通貨もインターネット上で使ったり、現金化したり出来ます。
また、「通貨」ですので、現実社会のドルや、円、ユーロのように、仮想通貨の世界にも、無数の通貨が存在します。
その内の1つが、ビットコインという通貨です。
他にも、イーサリアムや、バイナンスコインなどの通貨(コイン)が存在します。

ビットコインはギャンブルか

「ビットコインの価値が下がった」とワイドショーなどで聞いた事があると思いますが、ビットコインはギャンブルではありません。「投資」です。
投資もギャンブルだと言われれば、それで終わりですが。

ビッドコインを扱うには、やはり、専門的な知識が分かっていないと非常に危険なことも事実です。

ビットコインは、不正が出来ない

私たちが使っている「お金」は、政府が管理しています。
だから、私たちは「お金」を信用していますよね。

しかし、その信用している政府が裏切ったらどうでしょう?
実際、汚職や流用などの事件は多くありますよね。
年金なんかもどんどん削られていっています(年金は、私たちが政府を信用して預けている資産です)。

つまり、お金を管理している人が、悪さをすれば、誰も止めることは出来ません。

しかし、ビットコインは、政府に当たる管理者がいません。

管理者のいない世界には、ブロックチェーンがある

では、管理者がいないなら、誰がビットコインを守ってくれるの?
守る必要がありません。
ブロックチェーンは、「改ざん出来ない記録方式」だからです。

もちろん、改ざんされるリスクはゼロではありませんが、必要性が無いのでしません。
なぜならば、改ざんするよりも、普通に使った方かコスパが良いからです。
そもそも、改ざんする人は、儲かるからするわけで、普通に使った方が儲かるなら、そんな無駄なことしませんよね。

理由は、改ざんするには、膨大な電力を必要とし、それには、膨大なお金がかかるからです。
だから、その電気代を払うなら、普通に買って方が良いということです。

まずは、ビットコインの本を紹介します。

ビットコインとはなにか? いちばんわかりやすいビットコインの解説本

99円ですので、入門書には最適です。

ビットコインはどのようにして動いているのか? ビザンチン将軍問題、ハッシュ関数、ブロックチェーン、PoWプロトコル

こちらは、ブロックチェーンについて学べます。499円です。

ビットコインで儲けるには

大半の人は、心が折れて、損をします

理由は、ビットコインを含めた仮想通貨は、短期間で、価格がめちゃめちゃ上下します。
その変動に精神がついて行けず、価格が下がった時に、心が折れて売ってしまいます。

ビットコインを含めた仮想通貨は、10%ぐらいの変動はしょっちゅうです。

仮想通貨は、絶対に暴落する時期があります。
しかし、「1年スパンで考えたら、得をする」ということを覚えておいてください。

つまり、一瞬一瞬の変動に、おどおどしない。

FXトレードはどうか

ずばり、FXは辞めましょう。
どうせ勝てません。
FXのマーケットの市場は、プロだらけです。
勉強に、1万円とかの少額でやってみるのは、いいかもしれませんが、素人が手を出すのはやめましょう。

ビットコインを買うなら、ウサギ戦法ではなくカメ戦法

仮想通貨の世界では、1日で価値が100~1,000倍になるような夢の話もありますが、基本的には、カメのようにコツコツ進みましょう。

また、仮想通貨の中でもビットコインが一番安全です。
他の仮想通貨は、はっきり言って素人が扱わない方がいいです。
少額でビットコインを買ってみましょう。

おすすめビットコイン運用

今の所、仮想通貨の主要なものは、ビットコインとイーサリアムです。
ただ、ビットコインがダントツです。

基本的には、積立投資をした方がいいです。
一攫千金をねらって、大金を短期間で投資するのは、やめましょう。
「月に数万円する」と決めてやってみて下さい。
また、価格が落ちて、その月に余裕があれば、少し多めに投資してもいいですね。

ビットコインを買ってみよう

ビットコインの買い方はいろいろですが、初心者なら次の3つでいいです。

ビットコイン取引所で有名なのは次の3つです。
どれも日本語に対応しているので、どれも登録は簡単です。
違いといえば、手数料が若干変わることぐらいでしょうか。

Coincheckでビットコインを購入する

Coincheckで購入する時の注意点は、必ず「現物取引」から注文してください。
Coincheckでは、ビットコインを買う方法は2つあります。
「現物取引」と「コイン購入」です。
とにかく「コイン購入」で買うと、「現物取引」で買うより手数料が高いということです。

coincheckでは、「現物取引」で買う。

bitFlyerでビットコインを購入する

bitFlyerでも、ビットコインを買う方法が2つあります。
「販売所」と「取引所」です。
これも、次のことを盲目的に覚えて下さい。

coincheckでは、「取引所」で買う。

理由は、さっきと同じで、「販売所」は高額です。

ビットコイン以外の仮想通貨を購入するならBinance

Binanceは手数料が安いのが魅力です。
また、今後、Defiに興味がある人は、バイナンスコイン(BinanceCoin)が必要となってくるので、Coincheckや、bitFlyerに慣れてきたら、是非挑戦して下さい。

では、よいビットライフを