カンタカ チャンナ ブッダの生涯 出家

ブッダ物語18 旅立ちとカンタカ

王子が侍者チャンナと共に、カピラ城を静かに抜け出したのは、真夜中のことでした。

王子は、はじめて、立ち止まり宮殿を振り返りました。彼が生まれ育った地のすべての知人や肉親が住む宮殿は、月明かりの中に寝静まっていました。

夜通し馬を走らせ、ふたりは、シャカの国と、マガダの国の国境を流れるアノーマー川(Anomā)にたどり着きました。川を越えると王子は馬を降りました。

それから、上等な絹の服を脱ぎ、チャンナに手渡し、馬のカンタカとともにカピラ城に持ち帰るように命じました。

そのような、衣服は苦行者にはふさわしくないからである。

そして、王子は、長い髪をみずから剣で切り落としました。

最後にオレンジ色の衣をまとい、托鉢(たくはつ)の鉢を手に取ると、チャンナに立ち去るように命じました。

伝説では、このような衣類と鉢は、神々がブッダに与えたとされています。

しかし、チャンナは拒みました。

「わたしも出家させてください。」

「だめだ。あなたは、私の衣類と宝石を父に持って帰って、私の無事を伝えておくれ」

チャンナがしぶしぶ宮殿へ戻ろうとしたとき、

馬のカンタカはどうしても動こうとしませんでした。

王子はカンタカをさとし、カンタカやっと動き出しましたが、しばらく進み、立ち止まりを繰り返したそうです。

そして、その目には涙がこぼれていたといいます。

後に、この馬は悲しみのあまり死んだと伝えられています。

私は、この話を聞くと、いつも、ブッダの涅槃の様子を思い出します。

ブッダが亡くなった時、さまざまな動物たちが悲しんでいる様子です。

カンタカはブッダと別れることが、さぞ、辛かったでしょう。

つづく

-カンタカ, チャンナ, ブッダの生涯, 出家

Copyright© 天台太子 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.