カッサパ ブッダの生涯 遊女

ブッダ物語29 遊女とカッサパ三兄弟

ブッダは、まず鹿園からウルヴェーラまで、ゆっくりと旅をした。

その途中、とある森で休もうとすると、たまたま一団の人々がそこで遊山を楽しんでいた。

三十人の男はそれぞれに妻を伴っていたが、その中に一人だけ、遊女を連れた者がいた。

この遊女は誰にも気づかれずに連れの男の荷物を盗むと、逃げてしまった。

やがて、盗みが発覚し、皆は遊女を探しに出かけた。

あわただしく探し回っているうちに、木の下に座っているブッダに出会った。

これまでの出来事を説明し、遊女を見かけなかったかたとたずねると、ブッダは答えた。

「女性を探し求めるのと、自己を発見するのとではどちらが大事だと思いますか」

おそらく、この答えは意外であったに違いない。しかし、人びとは、自己の発見のほうが価値があると同意したのであろう。

遊女を探すのをやめて、ブッダの話に耳を傾けた。

やがて、全員がブッダの教えに帰依し、男たちは僧団に加わった。

また、ウルヴェーラには、有名な三人の聖者がいた。

その宗派の人びとは、特殊なやり方で髪を結(ゆ)っていたので、結髪の苦行者たち(結髪外道)と呼ばれた。

三人はカッサパと言った。

中でも有名なのは、ウルヴェーラのカッサパで、五百人弟子を従えていた。

他の二人は、ナーディー(川)のカッサパ、ガヤーのカッサパといい、それぞれ三百人と二百人の弟子を従えていた。

三人は弟子とともにブッダの教えを聞き、僧団に加わった。

-カッサパ, ブッダの生涯, 遊女

Copyright© 天台太子 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.