Tendai Taishi Written by Seimin Kimura

ブッダ物語47 大切なことは1つだけ

Buddha Life

ブッダの教えの核心は、

人生は明らかに苦悩に満ちているが、適切な訓練と努力によって、

苦悩から解放され、安息の生活を送れるようにするところにある。

それは、哲学的な問題や、議論の答えを求めるところにない。

マールンキャプッタの疑問

マールンキャプッタは、いつも心が落ち着かず、瞑想している間も、普遍的、哲学的な問題に悩まされていた。

つまり、答えの出ない問題である。

それらの疑問について、当然ブッダから解答を得られるものと思っていた。

しかし、いつたずねてもブッダから満足のいく説明を得られず、無視されるだけであった。

ついに、マールンキャプッタはしびれを切らして、しかるべき解答がなければ、僧団を離れて、還俗(げんぞく)すると、ブッダに最後通告をつきつけた。

そして、自分を悩ませいている疑問を並べた。

  • 宇宙は、永遠かどうか
  • 宇宙は、有限がどうか
  • 魂と肉体は、同一かどうか

「私の疑問に、あなたは答えてくださらなかった。だから悩んでいるのです。

もし、説明してくだされば、引き続きあなたのもとで修行生活を送りましょう。

さもなければ、僧団を去るつもりです。

もし、世尊が宇宙は永遠であるとご存知ならば、どうしてそうおっしゃらないのですか。

知らなければ、正直に、『私は知りません』とおっしゃるのが当然でしょう。」

と、マールンキャプッタは述べた。

十四無記(じゅうし・むき)

マールンキャプッタがたずねたが、ブッダがイエスともノーとも言わなかった問いは、十四(十四無記)あるとされます。

有名なので、紹介します。

  1. 宇宙は、永遠か、
  2. 永遠でないか、
  3. 永遠かつ永遠でないか、
  4. 永遠でも、永遠でないこともないか。
  5. 有限か
  6. 無限か
  7. 有限かる無限か
  8. 有限でも無限でもないか
  9. 如来(にょらい・ブッダのこと)は、死後存在するか
  10. 存在し無いか。
  11. 存在かつ存在しないか
  12. 存在することも、存在しないこともないか
  13. 個我(こが)と身体は、同じか
  14. 異なるか

ブッダはそのような問題を解決すると述べたことがない

ブッダはまず、マールンキャプッタが自分を脅迫しようとしていることを戒めた。

そして、

「『マールンキャプッタよ、さあ私のもとで修行しなさい。

そうすれば、そのような問題を説明してあげよう』などと、私が君に言ったことがあるか。」

と述べた。

毒矢の話

それから、ブッダはひとつの寓話を説いた。

「毒矢に射られた男がいると想像してみなさい。

その友達や親族が急いで彼を外科医のところへ連れて行く。

しかし、皆が手当てしようとする前に、その男がこんな風に言ったとしよう。

だれが、私を射たかを知るまで、この矢は抜かせない。

それは、武士か司祭か商人か労働者か。

その姓名は何か。

背は高いか、低いか、中くらいか。

色は黒いか茶色か黄色か。

どこの村や町の出身か。

それからいったいどんな弓で矢が射られたのか。

矢の種類、矢羽の種類は、どんなものか。

知らなければならない。』

マールンキャプッよ、その男は、そのどれひとつとして知らないうちに、死んでしまうであろう

宇宙は永遠か、有限かなどの疑問を解決しない限り、

修行生活に専念しないという者がいれば、同じ事だ。」

ブッダはさらに、修行生活はそのような疑問と無関係であることを説明した。

この様な哲学的問題について、どんな結論に達したとしても、老いや死、悲しみや苦しみ、嘆きという人生の事実は変わらない。

君が提出した疑問に、どうして私は答えようとしなかったというと、修行生活に何の意味ももたないからだ

そのような疑問は、君が欲望を離れ、心の落ち着きと深い自覚を得、

ついには涅槃に到達するための助けにはならない。

私は何について説いたか。

苦しみと、その原因、その消滅、その消滅に至る方法について説いた

これらこそ修行生活の根本なのだ。」

葉っぱの数

同じ事を、ブッダは、シンシャパーの木立に座っていた時、何人かの僧に話しかけたことがある。

数枚の木の葉を手に取ると、ブッダは言った。

「私の手の中の葉と、この木に茂る葉とでは、どちらの枚数が多いだろうか。」

「木に茂る葉の方がずっとたくさんあります。」

と、僧たちは答えた。

「私が悟り、皆に説き明かした真理と、まだ説いたことがない真理とを比べても、

同じ事が言える。

私が説いたことのないものは、修行生活の役に立たず、精神的向上の助けとならない。

私が説き明かしたのは、苦の本質と、いかにしてそれを克服するかであった。

それこそ涅槃(ねはん・ニルヴァーナ)に導く真理である。」

まとめ

一番目の話は、考えても無駄なことです。

科学的に、宇宙が有限か無限かと探究することは大事ですが、

ここでブッダが言っているのは、宇宙が有限か無限かを知ることが、安息(さとり)に直接つながらないことです。

さらに、その答えの出ない問題を考えることで、本来しなければならないことがおろそかになり、

そのことが原因で、集中力を欠くことを問題としています。

次に描かれる「毒矢の話」は有名です。

この話は、余計なことを考えている内に、毒が体に回って死んでしまうことを説いています。

その話は、次の「葉の話」でも同じで、ブッダが説いたのは、何枚かの葉のように、重要な事柄だけです。

ブッダが説いた以外の多くの事柄は、他の葉であり、苦しみからの解放に全く関係ありません。

重要なことがらは、苦しみからの脱却のみです。

ブッダは、その脱却の方法は、普段の正しい行いとしています。