Tendai Taishi Written by Seimin Kimura

モンキー・マインドとモンク・マインド

Mind

私たちは、心の使い次第で、気高くもなれば、卑しくもなります。

心は、その人自体の根源といってもおかしくありません。

私たちは、とにかく物事を考えすぎたり、先延ばしにしたり、不安に悩まされたりします。

この心は、モンキー・マインドです。

モンキー・マインドは、こっちを考えたり、あっちを考えたり、この問題を、あの問題を、とせわしなく心が飛び回り、何一つ解決しない心の状態です。

このモンキー・マインドを、モンク・マインドに変換しなければなりません。

つまり、お猿さんから、お坊さんのマインドに変えるということです。

モンキー・マインド


モンキー・マインドの人はこんな感じです。

  • ものごとの枝葉末節にとらわれてる
  • 人生という車の助手席に乗っていて、自分で運転していない
  • 愚痴をこぼす、比較する、批判する、考えすぎる、先延ばしにする
  • こまごましたことに気をとられている
  • 目先の満足を重視する
  • 注文が多く、特権意識がある
  • きまぐれ
  • ネガティブな感情や恐怖を増幅させる
  • 自己中心的で思い込みが強い
  • マルチタスキング(1度に複数のタスクをこなそうとする)
  • 怒り、悩み、恐怖に支配されている
  • 楽しければ何でもする
  • 快楽を求める
  • 一時的にしのげればよしとする

どれぐらい当てはまりますか?

私は、ほぼ全部です😓

モンク・マインド

  • ものごとの根っこの部分を見据えている
  • 意図と自覚をもって生きている
  • 優しくて、思いやりがあり、協力的
  • 分析する、明確に説明できる
  • 整然としている
  • 先々の利益を考える
  • 熱心、決心が固い、根気がある
  • 使命感、ビジョン、目標をもって取り組む
  • ネガティブな感情や恐怖を分析する
  • 他者の役に立つために自分を大事にする
  • シングルタスキング(一度に一つのタスクに専念する)
  • エネルギーをコントロールし、賢く使う
  • 自制心を働かせようとする
  • 意味を求める
  • 根本的な解決策を探す

先ほどのモンキー・マインドとは対照的です。

実際、世の中で成功している人は、このモンク・マインドを全て持っています。

モンク・マインドに至るための三つのステップ

  1. 手放す
  2. 成長する
  3. 与える

手放す

第一ステップは、「手放す」ことです。

これは、自分の内側にある障害物や恐怖などをそぎ落としていく段階です。

身の回りも整理するのが大事ですね。

いらない服は捨てましょう!

外も内も大掃除することです。

成長するためには、まず手足を伸ばすスペースを作る必要があります。

成長する

次は、人生で様々な決定を下すときに、意図、目的、自信をもって行えるように、生活を見直していきましょう。

与える

自分自身という枠を越えて、世界に目を向け、

感謝の気持ちを広げ、分かち合い、人間関係を深める段階。

私たちは、ギフトと愛を、他者と共有したとき、奉仕することのほんとうの喜びと驚くべきメリットに気付きます。

まとめ

このマインドは、次の本に書かれています。

モンク・マインドと言いますが、実際、成功者は、これらのステップをこなしています。

第一の「手放す」は、欲望を捨てるということです。

ホリエモンさんなどは、自分の家を持たないことで有名ですが、「もたない」ことで、体も心もスペースが出来ます。

つまり、動きやすくなると言うことですね。

第二の「成長」は、意図・目的・自信、つまり、それを達成させる意志、達成する目的を決める、そしてそれを乗り越える勇気です。

これには、行動が重要なことに間違いがありません。

思ったら、勇気をもって、行動しましょう!

今、私は、これを目標にしています。

めちゃ、ワクワクしますよ。

失敗しても(笑)

第三は、「与える」、いいかえれば、喜びの共有と言えるでしょう。

また、ホリエモンさんの話になりますが、成功する人は、喜びを共有しています

決して、独り占めしません。

私の周りで成功しているひとも、100%、これを実践しています。