Tendai Taishi Written by Seimin Kimura

新規サイトを作れば、アフィリエイト収入が伸びるか【ケースバイベースな話】

Affiliate

アフィリエイトを始めたが、収益が全く伸びない。今のサイトだけではなく、複数のサイトを運営すべきだろうか?新しいジャンルを開拓するには、また時間がかかる。どうしたらいいだろう。

アフィリエイトで伸び悩むなら新規サイトを作るべき【損切り】

アフィリエイトは、運とタイミングが重要です。

トレンドは最重要

一気に収益を伸ばす人は、トレンドに乗っている場合が多いです。
Twitterなどでも、トレンドワードについて投稿すると、一気に観覧数が上がります(フォロワーが付くのとは別)。

今年は、Web3、NFT、仮想通貨が、確実にトレンドとなります。

すぐに諦めるは意味が無い

また、最大の注意点は、“サイトを作っては、すぐ諦めるを繰り返さない”ことです。これをすると、永遠にサイトを作る人で終わってしまいます。

新しく立ち上げるなら、最低限、下の条件はクリアしてください。

新規サイト立ち上げ前に満たすべき最低条件

  • 100記事は書いている
  • 立ち上げから半年経過している

100記事未満で、半年以内のサイトだと、まだ成功するかも不明です。

確かに、全く収益が発生ない記事を書き続けるのは、苦痛でしかありません。
しかし、このプロセスがあるからこそ、アフィリエイトで稼げるチャンスがめぐってきます。なぜなら、みんなすぐに挫折しますから(笑)。

アフェリエイトで稼ぐのは、途中で諦めないこと

アフィリエイトで新規サイトを立ち上げても劇的な改善は見込めない

残念なお知らせです。

アフィリエイトで新規サイトを立ち上げても劇的な改善は見込めません。
まだ初心者で、サイトが成熟していない間はなおさらです。つまり、稼ぎ方を知らないのに、新しいサイトを作ったところで意味がありません。

アフィリエイトで稼ぐには、サイトを成熟させ、多くの記事を書き、その中から、収益が見込める記事が出てこないといけません。そして、そのヒットした記事を横展開することで、多くの収益が見込めます。
例えば、英会話スクールという記事がヒットしたとします。そうすれば、“英語”というキーワードを軸に、英語留学、英語アプリ、英検対策など、横展開すれば、同じような収益が見込めます。

この様に、収益が見込める記事がない内に、新しいサイトを立ち上げても、“ダメだったらまた立ち上げる”の負のスパイラルが続くだけです。

既存サイトで成功した記事の内容を引き継ぐ

新規サイトを立ち上げるには、どのようなジャンルが稼げるかを分析しなければなりません。
新規サイトを立ち上げる前に、既存サイトの成功例をもう一度洗い出しましょう。

  • どういった記事が読まれているか?
  • どこの広告が収益を生んでいるか?

 
インターネットは、パレートの法則(売上の8割は全顧客の2割が生み出している)が当てはまるので、月10万円の収益なら、全体の20%の顧客が8万円を生み出しているはずです。
その記事を引き継ぎましょう。

新規でアフィリエイトサイトを立ち上げる際に気をつけること

常にゴールから逆算しましょう

ゴールは、お金を稼ぐことです

月3万PVを作ったことがない人

問題外です。

まずは、盲目的に、アクセス数のアップを目指してください

思いついたキーワードを、Googleの検索バーに打ち込んで、上位サイトを見て分析して下さい。上位サイトは、なぜ上位にいるのかを考え、真似をしながら、ライティングを磨きましょう。

これを繰り返せば、月3万アクセスは超えます。 3万あれば、毎月1万円は稼げます。

月3万アクセスを作ったことがある人

初級レベルは超えているので、ASP(アフィリエイト)広告を貼りましょう。
ASP広告を貼っていないと逆に損します。

3万アクセスもあれば、1,000名以上訪問する記事がいくつかあるはずです。
それらの記事に、適切な広告を、適切に誘導する文章で貼れば、少なくとも約3件の契約が成立します(1,000件の約3%)。

アフィリエイトで悩む時間は無駄

記事のポイントをまとめます。

  • 複数サイト立ち上げる前に、既存のサイトを、3万アクセスまで、ひたすら育てる。
  • 新規サイト立ち上げるなら、過去サイトの成功体験を引き継ぐべき。
  • アフィリエイトは常にゴールから逆算する。それが収益化への近道。

結局のところ、

訪問者がいないお店の商品は売れない。

ということで、初心者としては、書きまくるだけです。
アフィリエイトで稼げないのは、単に記事不足です。

がんばりましょう!