学び

漢文物語1

2020/5/29  

漢文は、主語がなくても成立します。 例えば、 千慮一失(どんな立派な賢者でも、一度ぐらい間違いがある) とありますが、これは、「千慮に一失あり」と読んで、「千慮に」は主語ではなく、副詞です。ですから、 ...

日本書紀の謎を解く1

2020/5/27  

『日本書紀の謎を解く』を読み終えました。 いや〜最高でした。めちゃめちゃ勉強になりました。 聖徳太子の勉強で、『日本書紀』を読むのですが、「何でこんな読み方するの?」とずっと疑問に思っていました。 厩 ...

道心の中に衣食あり

2020/5/14  

最澄(さいちょう)の言葉に、 被弘二師。道弘人。人弘道。 道心之中,有衣食矣。 衣食之中,無道心矣。 「世の中には、二種類の先生がいます。 一つは、道という先生です。道(手立て)という先生は、人びとに ...

あるべきようわ

2020/5/3  

こんばんは。 『論語』に、このような話があります。 あるお弟子さんが孔子(こうし)先生に、政治とは何かについて聞きました。 先生は、 「主君は、主君の義務を、 大臣は、大臣の義務を、 父親は、父親とし ...

対機説法(たいき・せっぽう)

2020/5/2  

こんばんは。 『論語』に、このような話があります。 子路(しろ)という名前の弟子が、孔子(こうし)先生に、「何かを学んだら、すぐにそれを実行してよいでしょうか」と尋ねました。 先生は、「お父さんが元気 ...

過ぎたるはなお及ばざるがごとし。

2020/5/1  

こんばんは。 過(す)ぎたるは、なお及(およ)ばざるがごとし。 (過猶不及) 何かカッコイイ感じですね〜。白くて長いヒゲをはやしたお師匠様が弟子に人生の教訓(きょうくん)を述べる姿が浮かびます。(笑、 ...

Copyright© 天台太子 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.