Tendai Taishi Written by Seimin Kimura

天台宗に関する記事一覧


お経 仏事 天台宗

こんばんは。 このブログの月間アクセス数が1000に達しました!! 読者数も111人!(ぞろ目!)です。 みなさまのおかげです。本当にありがとうございます! 今日は、前回、十方(じっぽう)「十の方角」で、宿題にしていた下の方角が分かりました…

お経 仏事 天台宗

こんばんは。 今日は、法華懺法(ほっけ・せんぼう)のつづきです。 ここからは、個別の敬礼が続きます。ずら〜〜〜〜〜と、敬礼する対象が続きますので、今日は、すべてお見せします。 以前からお伝えしてある。「三宝」(さんぼう/さんぽう)と、「十方…

お経 仏事 天台宗

こんばんは。 今日のお題は「䠒跪」(こき)です。 昨日の続きを読むのですが、今日の現代語訳は自信がありません!かなり厄介です。 ですから、「宿題」のタグを付けておきます。後に分かることがあれば、改善します! 是諸衆等,人各各䠒跪 ,嚴持香華…

お経 仏事 天台宗

こんばんは。 今日はうれしいお知らせから。 九州の友人から、このブログで紹介した「本買ったよ〜」と連絡を頂きました。やり甲斐があります。ありがとうございます!宣伝もよろしくお願いします(笑) さて今日は、昨日に引き続き、『法華懺法』です。 …

お経 仏事 天台宗

こんばんは。 本日から、『法華懺法』を読んでいきましょう! まず、始めに、このような唄が読まれます。 我此道場如帝珠  十方三寶影現中 我身影現三寶前  頭面攝足歸命禮 「わたしのこの道場は、帝釈天の宮殿に飾られた珠(たま)が永遠に重なり合…

お経 仏事 天台宗

こんばんは。 今日から『台宗課誦』の「目次」を見ていきましょう。 そこには、「法華懺法」と、「例時作法」の文字が見えます。   『法華懺法』(ほっけ・せんぼう)の「法華」とは、『法華経』(ほけきょう)というお経を指します。「懺法」の「懺」と…

お経 仏事 天台宗

こんばんは。   京都、一日雨でした。   昨日ご紹介した天台宗のお経本である『台宗課誦』、今日は奥書(おくがき)を見てみましょう。   「奥書」とは、書物の最後にあって、なぜこの本を書いたかとか、いつ書いたかとか、誰が書いたとか、本の「あ…

お経 仏事 天台宗

こんばんは。 みなさんは、ご自身の宗派(しゅうは)をご存知ですか。 日本には、さまざまな宗派があり、平安時代に起こった宗派に、最澄(さいちょう)の天台宗(てんだいしゅう)と、空海(くうかい)の真言宗(しんごんしゅう)があります。 私は、この…