Tendai Taishi Written by Seimin Kimura

IT業界の未来を考える【新卒 & 転職】

Work

凄まじい不況の中、安定した企業は、もはや皆無といって良いでしょう。
どれだけ大手の会社に入っても、未来は不安だらけです。

そんな中、「IT業界は伸び続ける」「エンジニアの数が絶対的に足りていない」と言われています。

それは、IT業界の未来は明るく、これからも伸び続けるからです。

今回は、

  • IT業界の将来
  • 業界の成長率
  • IT業界に就職するのにおすすめ分野と必要スキル

を紹介します。

IT業界の将来は明るい【GAFA】

GAFA(ガーファ)という言葉を聞いた事がありませんか?
Google
Apple
Facebook
Amazon
の頭文字を取ったものです。
ほとんどの人が、これらを聞いたり、触れたりしています。
Googleなんて、このサイトを見ていること事態関係しています。

ここで言いたいのは、これらは全てIT企業です。

つまり、世界のトップ = IT企業 です。

そして、次が、IT業界の今までの成長率と今後の予想をグラフにしたものです。
一目瞭然ですね。

「IT業界は、変化が激しいから、将来性はない」は勘違い

GAFAにしても、最近成長してきたIT企業にしても、まだ歴史が浅いため、信用できないと心配する人がいます。

すさまじい勘違いです。

日本の大手メーカーであるソニー、パナソニック、三菱などを見て下さい。
海外勢にボロ負けです。
すべて歴史あるメーカーです。

スマホなんて、アイホン以外で、日本メーカー使っている人ほとんどいませんよね。

これは、日本のメーカーがIT産業に乗り遅れた証拠です。
というか、乗ってもいません。

これらについては、ちきりんさんの本を読みましょう。

日本メーカーは自分目線でものを売っています。
ものを売るには消費者目線が必要です。

IT業界のおすすめな分野はWeb業界

ITには、Web業界を始め、ハードウェア、ソフトウェア、情報処理サービスなど、いろいろありますが、おすすめは、やはりWeb業界です。

Web業界は情報の入り口だから

Webは、ITの入り口です。

  • 人はWebから情報を得る
  • 人はWebから情報を発信する
  • ブログ・YouTube・アプリ、すべてのトレンドは、Webから始まる

つまり、IT産業は、Web無しでは成り立ちません。

集客もWebから

今の時代、「駅前でビラを撒いて、お客さんを呼ぶ」というより、Web上で広告を出し、集客しますよね。

それは、Webが不特定多数の顧客を全世界から獲得できるツールだからです。

アフィリエイト広告も、これと同じ原理です。

  1. Webで検索
  2. あなたのブログにたどり着く
  3. 商品をクリック→購入
  4. あなたに収益が入る

この構造は、個人も企業も全く同じです。

起点はすべて、Webです。

IT業界にいれば、最新のトレンド獲得が身につく

IT業界にいる強みはなんといっても、最新のトレンドを一早くキャッチ出来ることです。
今ですと、Web3、NFT、DeFi、Crypto、すべてIT用語です。
これらについてすべて説明できますか?
99%の人は、分からないでしょう。

しかし、IT業界にいれば、これらの情報を一早くキャッチ出来ます。
なぜなら、それが仕事ですから。

ITのWeb業界で必要なスキル

では、IT業界で重宝されるスキルはなんでしょうか。
大きく3つに分類出来ます。

  • プログラミングスキル
  • Webマーケティングスキル
  • ライティングスキル

プログラミングスキル

Webは、すべてプログラミング言語で出来ています。
なので、当然、プログラミングが出来る人は重宝されます。

プログラミングを習得するには、確かに、ある程度の時間が必要です。
しかし、一度身につければ、ゲームと同じです。
ゲームは始め操作方法が難しいですが、慣れてくるといちいちチュートリアルを見たり、ボタンを確認してプレイしませんよね?

プログラミングも同じです。

ですから、手を動かして慣れることが一番大事です。

今ならプログラミングは無料で学べるものがたくさんあります。
ぜひトライしてください。
おすすめは、テックアカデミーです。
テックアカデミー無料体験があるので挑戦してみて下さい。

Webマーケティングスキル

プログラミングがある程度出来るようになったら、Webマーケテイングを学んで下さい。
これが、爆伸びするかどうかのカギになってきます。

世の中ではあまり知られていないですが、Webマーケテイング会社は、めっちゃくちゃ稼いでいます。
なぜなら、利益率が高く、横展開がしやすいから。
一度ノウハウが固まったら、それを他の業種に展開することで収益が瀑増します。

つまり、消費者が何を望み、どうしたら購入するかのノウハウを知っています。
そのノウハウを持てば、化粧品だろうが、本だろうが、電化製品だろうが売れるわけです。
しかも、低コストで。

ちなみに、個人ブログでこれを身につけると、もう、スーパーサイヤ人です。
月約1000円のサーバー代で、100万とか稼ぐ人がざらにいますから、マナブさんなんかいい例ですよね。

ライティングスキル

ライティングスキルは、Webマーケティングスキルと連動します。
Webマーケティングスキルは、「売ること」に特化しているのに対して、ライティングスキルは、売るまでに「誘導する文章力」です。

「言葉巧みに商品を売る」の「言葉」に当たる部分です。

口が上手い営業マンは商品が売れます。
それと同じで、うまく言葉をつかって、Web上で営業するということです。

これを修得すると、将来的に、Kindleやnoteで、自分のことを発信する能力が付き、仕事の幅がどんどん広がります。

このスキルを伸ばすには、ブログを書きまくってください。
そのブログに、アフィリエイト広告を貼るなどして、商品が売れれば、あなたの「言葉」で、上手く顧客を誘導できたことになります。
商品が売れれば、その売れた文章を分析して、他にそれを使えば良いだけです(横展開)。

そのような、訓練と分析が必要です。

ライティングスキル獲得の近道は、ブログ作成です。

Web業界への就職・転職を考えている人

Web業界に興味を持ち、ある程度のスキルを修得している人(もちろん未経験でもOK)は、エージェントに登録しておきましょう。
リクルートエージェントがおすすめです。
最大級の転職サイトですので、案件が豊富な上、コンサルタントが書類作成から面接までをサポートしてくれます。

あと、非公開案件も多いので、登録しておけば思わぬ案件を紹介してもらえる場合もあります。

さいごに:「行動」が1番大切

ここまで、読んで頂いたら、IT業界の明るさは理解出来たと思います。
さいごに必要なのは、「行動」だけです。
今回は、新卒さんのお悩み解決として書きましたが、
実は、そのまま転職を考えている人に当てはまります。

今すぐに、IT業界に入らなくても良いです。

ただし、スキルだけは磨いてください。

これからは、長寿社会です。
長い人生、Webスキルは、必ず役に立ちます。
断言します。