Tendai Taishi Written by Seimin Kimura

どうやって、キーワード上位を達成させるか【SEO対策】

SEO

はじめに、次の画像を見て下さい。

プログラミング 独学で検索した結果です。

使っているツールは、ラッコキーワードと言うものです。

ビッグキーワードと言われるものが、プログラミンというキーワードです。
それに対して、スモールキーワードというのが独学です。
プログラミン独学で検索しました。
ただし、独学(ビッグキーワード)では、競合相手が多いので、
さらに、それよりもスモールキーワード(赤枠や黄枠)の何からサイトなどと、どんどんスモールキーワードを探っていきます。

つまり、

  • ビッグキーワード:検索が多い:競合相手が多い
  • スモールキーワード:検索が少ない:競合相手が少ない

まずこれを頭に入れておいて下さい。

今回は、タイトル通り、キーワードの検索上位達成が目的です。

これには、ビッグキーワードもスモールキーワードも重要です。

ビッグキーワードで上位を目指す

答えは、ビッグキーワードで上位を目指すなら、ビッグキーワードよりもスモールキーワードを量産するべきです。

  • キーワードを分析する
  • ロングテール記事を書く
  • まとめ記事を書く

キーワードを分析する

またまた、ラッコキーワードを出します(これ、めちゃめちゃ便利です)。

この画像だと、

  • ビッグキーワード:プログラミング
  • スモールキーワード:独学、おすすめ、副業などなど

ですね。

さっきも言いましたが、ビッグキーワードは競合が多いです。

ですから、
ビッグキーワードだけ書くのではなく、
常に、ビッグキーワード + スモールキーワードで記事を書くことが大切です。

キーワード対策は、リライトに役立つ

スモールキーワードに関する記事を20、30記事を書くと、
その中でも、よく見られる記事と、あまり見られない記事が出てきます。

ここで自分の記事がどれぐらいの順位にあるか、順位チェックツールを使って確認しましょう。

ここで、どのキーワードに関する記事がよく読まれているかが理解出来ます。
つまり、マーケティングスキルも付くので最高ですね。

チェックツールは、Rank Trackerがオススメです。

ロングテール記事を書く

スモールキーワードに関して書く記事を、ロングテール記事と言います。


ロングテールとは「長い尻尾」の意味、画像で言うと恐竜の尻尾をイメージして下さい。

左側が検索の多いキーワードであり、右側が検索が少ないキーワードの記事です。

恐竜の尻尾みたいですね。

今回の解説はキーワードに関するものだけですが、
記事の内容が重要であることはいうまでもありません。

内部リンクも大切です

スモールキーワード記事を量産して、ビッグキーワード検索の上位をめざすことを解説しましたが、
今度は、記事の中に自分の他の記事の内部リンクを貼り、多くの記事を繋げることです。

Googleのアルゴリズムは公開されていないので、はっきりとは言えませんが、

訪問者が、検索する →記事を見る →検索エンジンに戻る

よりも、

訪問者が、検索する →記事を見る →記事内で内部リンクされる記事に飛ぶ →他の記事も読む

この方が、あなたのサイトに滞在する時間は増えますよね。

すると、Google先生が評価してくれるという仕組みです。

まとめ記事を書く

例えば、プログラミングに関するスモールキーワードで、20,30記事書いたら、それらのまとめ記事を作りましょう。

まとめ記事は、「一覧表」と同じですので、記事を読んでもらうというよりは、あなたのサイトにビッグキーワード関する記事が多くあることをアピールするものです。

ですから、まとめ記事でアフィリエイト収益を上げるのには向いていないかもしれません。

検索上位とは、1位のことではない

検索上位を狙うというとは、検索で1位を狙うというものではありません。

これについては、上位10位以内の記事をリライトして順位を上げる戦略を練る必要があります。

これについては、別の機会に。

ビッグキーワードで上位とれたなら

ビッグキーワードで上位を取れたならば、次は、収益について考えましょう。

収益は出ているか

検索上位にあるということは、ビジネスチャンスであることは言うまでもありません。

ここまで出来れば、あなたはもう中級者です。

アフィリエイト記事を貼って、記事の収益化を目指しましょう。

そこで確認するのが以下の2つです。

  • 広告のクリック数
  • 広告の成功率

広告のクリック数

まずは、広告のクリック数を確認しましょう。
記事へのアクセス数が多いのに、広告のクリック数が少ない場合は、
その広告が、記事内容とマッチしていないからです。

検索上位なので、記事自体の訪問数が多いはずなので、広告を記事に合うように変更し、様子を見ましょう。

広告の成功率

最も大事なのは、成功率です。
つまり、商品が申し込まれる、または、購入される確立です。

ちなみに、ASPサイトへの登録がまだの人はすぐに登録しておいて下さい。
登録しておかないと、アフィリエイト広告を貼れませんから。
おすすめなASP会社を挙げておきます。
すべて無料です。

特単交渉は出来ているか

ビッグキーワードで検索上位も取れ、アフィリエイト収益が上がってくれば、
その記事は、もう無双状態です。

特単交渉とは、直接企業と交渉して、単価率を上げてもらう方法です。

これについては、記事の需要があれば、心配しなくても強気で交渉出来ます。

企業と交渉して、単価率の高いアフィリエイト広告を記事に貼りましょう。

まとめ:記事は資産

ここまで、キーワード対策を解説しました、
結局、コツコツ記事を量産することが最も重要です。

とにかく、記事が無いと、ビッグキーワードもスモールキーワードもありませんから。

とにかく書きまくって下さい。

100記事ぐらい行ったら、ここに、また戻ってきて下さい(笑)。

では、よいアフィリエイトLIFEを!!