ブッダの生涯

ブッダ物語13 第三のしるし

王子とチャンナは、三度目の旅に出かけました。

二人は葬儀の行列に出会います。

葬儀に参列した人々は、胸をたたき、声を張り上げて泣いていましたが、運ばれてゆく遺体はそれと対照的に、まるで彫刻のように、じっと横たわっていました。

ついに、第三のサイン「死」に出会いました。

「王子さま。死は生命の終わりです。

生命が終わるとき、それが死なのです。

もはや、活動を続けられないとき、肉体は死にます。

さもなければ、病気になって死ぬのです。

呼吸が止まり、心臓が鼓動(こどう)しなくなります。

しかし、これは不思議なことではありません。

誕生と同様に、ごく当たり前のことなのです。

すべての生命あるものは、遅かれ早かれ死ななければならないからです。

だから、死について悩んでもしかたありません。

せいぜい長生きすることをお望み下さい」

王子はついに、「老い」「病(やまい)」「死」という人間が避けられない真理を目(ま)の当たりにしました。

みなさんは、この三つのしるしについてどのように考えますか。

私は、最近、知人のお父さんが亡くなったという知らせをよく聞きます。

自分の母や父の「死」というものが、グッと近づく年になりました。

青年ブッダはそれらについて深く考えたのでしょう。

私が、ブッダの年頃には、全く、そのようなことは考えませんでした。

私も今は、親族と、そして自分自身の「死」を考えるようになりました。

昨日から、ネガティブなお話ですが、ブッダが見た三つのサインはすべての生命にあてはまる真理です。

つづく

-ブッダの生涯,
-

Copyright© 天台太子 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.