ブッダの生涯

ブッダ物語22 苦行

十分な師を得られなかった一行は、ウルヴェーラーという所にいたり、そこで、師の力を借りず、自力で悟りを開こうと決心しました。

肉体を痛めつける修行法は、これまで、多くの人々によって、各地で実践されているものでした。

彼は、まず節食(せっしょく)から始めました。

最初は一日一食にし、それから徐々に二日に一食、三日に一食と減らしていきました。

やがて、食物を乞うのはやめて木の実、草の根、植物の葉など粗末な食事をとりました。

その結果、かつて健康だったブッダのたくましい体は痩せ衰え、皮フはしわだらけになり、目は落ちくぼみ、ひどい苦痛と飢えに苦しみ始めました。

それでも、彼は、息を長い間止める修行をし、頭が破裂しそうになりました。

また、夏の灼熱の日中、冬の凍てつく水の中で沐浴(もくよく)をしました。

また、火葬にふされる死体から、ボロ布を拾い集めて身にまといました。

精神力も試すため、夜中に墓地に出かけ座り、獲物を求める野獣の恐怖に耐えることもしました。

その間、彼は瞑想を続けましたが、そのような苦行は全く無意味でした。

このような修行に6年もの歳月を費やします。

そして、ついに、精根尽きて倒れてしまいました。

幸いにも羊飼いが見つけてミルクを与え、彼を介抱しました。

かつての健康を取り戻した彼は、ふただび五人の仲間のところへ戻っていきました。

仲間たちは、その間も苦行を続けており、ブッダ苦行を放棄したことにショックを受け、ブッダに立腹し、彼を相手にしませんでした。

そして、彼を残して、五人の友は旅に出てしまいました。

-ブッダの生涯

Copyright© 天台太子 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.