学び 論語

過ぎたるはなお及ばざるがごとし。

こんばんは。

過(す)ぎたるは、なお及(およ)ばざるがごとし。

(過猶不及)

何かカッコイイ感じですね〜。白くて長いヒゲをはやしたお師匠様が弟子に人生の教訓(きょうくん)を述べる姿が浮かびます。(笑、あくまでイメージです)これは、

「やり過ぎるのも、やり足らないのもどちらも良くない」という『論語』(ろんご)に出てくる言葉です。

つまり、中庸(ちゅう・よう)「ちょうどよい/ ころあい」を説いているものです。

仏教では、このような例えがあります。

「琴や、ギターの弦(げん)は、張りすぎると切れてしまい、ゆるめすぎると音が出ない。」

丁度良い加減に弦(げん)をはることで、一番良い音色が奏でられる。そのように生きなさいという中道(ちゅう・どう)の教えのたとえによく似たものです。

どちらも「中」(ちゅう)がついています。この「中」は「まんなか」という意味ではありません。

「調和のとれた状態」です。

このような話を聞きますと、「なるほどな」と思いますが、なかなか実行できないものです。

実行できていれば、私のお腹もこんなに出ていないのですが...

では、また。

-学び, 論語

Copyright© 天台太子 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.