Tendai Taishi Written by Seimin Kimura

日常英会話オススメ本【フレーズの数で決める】

English Speaking

日常英会話を学習するのに、本選びはとても大切です。

だいたいの人は、始めに買った本を3ヶ月ほど、やってみるでしょう。

でも、自分に合わなければ、3ヶ月はムダになってしまいます。

今回は、覚えるフレーズの数で、テキストを選ぶ方法を紹介します。

もちろん、覚える数が多いほど、難しくなってきますよね。

日常英会話の本を選ぶポイント

日常英会話を学習するための本を選ぶポイントは4つです。

  • 自分のレベルに合ったものを選ぶ
  • CDやDVDなど音声が付いているものを選ぶ
  • 自分の目的を決める
  • ネイティブが書いている本を選ぶ

自分のレベルに合ったものを選ぶ

ここが一番大切で、やさしすぎても、難しすぎてもダメってやつですね。

今回のテーマは、フレーズの数なので、レベル別にすると、ざっとこんな感じです。

ちなみに、今回、上級の本を紹介しないのは、そのレベルの人はすでに勉強の仕方を知っているからです。

では、フレーズの数を見てみましょう。

  • 初級:30〜100フレーズ
  • 脱初級:100〜200フレーズ
  • 中級:200フレーズ以上

中級レベル以上になると、いっきに数が増えます。

しかし、初級・脱初級で英会話の基礎力が付いているので、実は、思っているほどストレスはありません。

ぶっちゃけ、中級以上は、オンライン英会話に登録し、ネイティブとどんどん話す方が力が付きます。

CDやDVDなど音声が付いているものを選ぶ

音声が付いている教材を選ぶのは、重要ですね。

まあ、最近の本はすべてCDが付いていたり、音源をダウンロードでいますので、問題はないでしょう。

耳で聞いて(インプット)、口に出す(アウトプット)は、英会話の基本です。

というか、これがすべてです。

あと、繰り返し(反復)がトレーニングの中心になります。

これは、どのレベルでも、同じですね。

自分の目的を決める

英会話を学ぼうとしている人は、それぞれ勉強する目的があると思います。

大体、こんな感じではないでしょうか。

  • 旅行
  • 留学
  • ビジネス
  • 試験(英検、TOEFLなど)

目的は異なっても、日常英会話は、すべてに共通したスキルです。

一番大切なのは、基礎をしっかり固めることです。

逆に、ビジネスとか専門的になればなるほど、日常会話が出来なくても、意思は通じます。

旅行も同じで、海外で、Tシャツを買う時に、店の人と、Tシャツの値段とか、デザイン以外の話をすることはないですよね。

つまり、場面が限られるほど、それに限定された単語や、ジェスチャーでほとんど乗り切れます。

なぜなら、そのような状況は、会話する前に、すでに相手が返事を予想できるから。

試験に関しては、日常英会話の本を買うよりは、過去問題に取り組むのが一番の近道です。

ネイティブが書いている本

ネイティブ(英語を母国語としている人)が書いている本を選ぶのがいいとは限りません。

逆に、日本人が書いている本の方が、日本人の苦手な部分を知っている時があります。

ただ、ネイティブ本だと、何か信用は出来ますね(笑)。

覚えるフレーズの数別・日常英会話オススメ本

では、フレーズの数順に、オススメ本を見ていきましょう。

『たった30パターンで英会話!』【初級】

Do you want me to〜?など、基本となるパターンが30用意されていて、

これに、finish workや、do the dishesなどのフレーズを足して文を作っていくトレーニング。

Do you want me to finish work

Do you want me to do the dishes

つまり、基本の形を覚えて、それに肉付けしていく感じですね。

『英会話なるほどフレーズ100』【初級】

こちらは、定番です。

ステージに分かれていて、 BABY、KID、CHILD、PRETEEN、TEENAGERという順に、実際のネイティブの成長に合わせてステップアップするトレーニングです。

Almost!(おしい!)

→Why(なんで)?

→I’m not sure(ちょっとわからない)

→Do you mean this(つまり、これってこと)? 

→I’m not sure how(どうやったらいいのか、わかんないよ)

というように、会話文がだんだん複雑化していきます。

『ネイティブが会話で1番よく使う英単語 中学英単語100』【脱初級】

さて、ここからは、脱初級編です。

同じ100フレーズでも、少し難しくなります。

中学英単語から、100語をピックアップしています。

この本の特徴は、品詞別で覚えていくですね。

日常生活のなかで一番よく使う動詞40・形容詞30・副詞10・名詞20が収録されています。

『英会話きちんとフレーズ100』【脱初級】

こちらも、同じく覚える数は、100です。

また、初級で紹介した『英会話なるほどフレーズ100』の続編です。

こちらも同様、

INFANT、KID、CHILD、PRETEEN、TEENAGERの順に、ステージアップしていきます。

I’m off.See you later.(行ってきます。行ってらっしゃい。)  

→All right. (わかりました。承知しました。かしこまりました。)

→I feel bad.(なんだか悪いですね。申し訳ないですね。)

→Would you excuse me a minute?(ちょっとすみません。ちょっと失礼。) 

→I don’t think we’ve met (初めまして、ですよね。)

などです。

少し難しくなっていますね。

『瞬時に出てくる英会話フレーズ大特訓』【中級】

フレーズの数は、810!

まさに、大特訓です。

コンセプトは、「日本語」→「英語」の転換練習。

「定型表現」270フレーズ、「基本文法」を活用する270フレーズ、「日常会話」で役立つ270フレーズの計810フレーズに分かれています。

この本の特徴は、

  • 「日→英」の転換練習でだれでも英語が口をついて出るようになる。
  • 「定型フレーズ」→「文法活用」→「日常会話」の3ステップで会話力の基礎をつくる。
  • 収録810フレーズは日常生活・旅行・ビジネスでそのまま使える。
  • 話すためのヒント・キーワードもしっかり紹介。
  • 「日→英」トレーニングができるCD 2枚付。

つまり、量をこなすことですね。

ほぼ、英会話にストレスがなくなるでしょう。

『英会話フレーズブック―リアルな日常表現2900』【中級】

きました。2900です。

もはや、単語でも大変な数。

目次は、こんな感じ。

  1. 1日の流れ
  2. 基本会話
  3. 気持ちの表現
  4. 他人の描写
  5. 気候・季節の会話
  6. 挨拶
  7. 自己紹介
  8. 社交
  9. 日本について
  10. 仕事
  11. 電話
  12. 道案内
  13. 交通機関
  14. 銀行
  15. 郵便・宅配便
  16. 買い物
  17. レストラン
  18. ホテル・観光
  19. 恋愛
  20. 結婚・離婚・育児
  21. パソコン・携帯電話
  22. エンターテインメント
  23. 余興
  24. トラブル
  25. 病気

これで、日常生活、ほぼ心配ないかと。

お腹いっぱいですね(笑)

まとめ:オンライン英会話も絡めよう

今回は、フレーズの数で見てきましたが、

やはり、実際に人間と話すのが一番です。

テキストを買って、学びながら、オンライン英会話も始めると、

断然、効果的です。

では、よりスピーキングLIFEを!