Tendai Taishi Written by Seimin Kimura

英検4級 単語【完全攻略】

英検

英検全般で、最も重要である単語学習。英検4級でも、単語はもっとも大事であり、すべてのパート(リーディング・リスニング・ライティング)に影響してきます。
そこで、気になるのは、その数や、覚え方のコツです。

結論から言うと、地道に確実に覚えていくのが一番正しい方法です。特に、英検5級から3級までは、英語の基礎をつくるのにとても大事な級です。ここで、「読む」「聞く」「書く」「話す」をしっかり身につけておかないと、上級に合格するのは難しいです。4級合格だけを狙って、というような勉強方法はおすすめできません。正しいやり方で勉強すれば、学校の成績も格段にアップしますので、急がずがんばってください。

先に、勉強の手順だけ説明します。

1.過去問題(単語問題のみ)をやってみる→7割正解だとすぐに試験を受ける→合格
  →正解が7割以下だと→単語を覚える。

2. 声に出して問題集をひたすら覚える。アプリを使って耳でも覚える。

3.1周したら、過去問題をもう一度やってみる→8割正解→試験を受ける→合格
  →正解が8割以下だと→2に戻る。

これの繰り返しです。それで、受かります。過去問題での実力確認は単語部分だけでOKですが、全体を一度やっておくとより良いでしょう。つまり、単語問題が7割分かる人は、すでに英語の学習が4級合格レベルに達しています。したがって、過去問題をやるのは、試験の感覚をつかむためだけです。

過去問題をダウンロード

まずは、公式サイトで、過去問題(3回分)をすべてダウンロードか、プリントアウトしてください。試験が終わるごとに新しいものに入れ替わり、古いものは削除されます。これは、無料です。必ずしてください。これをしておかないと、お金を出して過去問題を買わなければならなくなります。

無料プリント・一覧表・ゲーム

ネット上には、無料プリントや一覧表がたくさんあります。これらを利用しても問題ありませんが、ただ過去問題と『出る順』をやっておけば受かります。これらを検索する時間を単語学習に当てましょう。また、勉強にあきてきたら、実力試しでゲームをしてもいいです。このようなゲームはネットで出てきますので、息抜きと実力試しにやってみてください。ただし、忘れてはいけないのは、過去問題が実力を測るには確実だと言うことです。いくら、ネットゲームで良い成績が出ても、やはり、あなたの真の実力が分かるのは、過去問題の点数です。

覚え方とテキスト・アプリ

問題集は、旺文社の『出る順』を一冊買っておけば、問題ありません。さらに『出る順』は、無料アプリと連動していますので、かなりお得です。
覚え方は、『出る順』を声に出して読む。これだけです。『出る順』は、段階的に覚えていくようになっていますので、とても役立ちます。熟語パートまで行くと、例文もありますので、それで英文の感覚を覚えながら、声に出して暗記してください。かなり実力が付きます。

よく出る動詞は?

「単語は動詞から覚えた方がいい」とか、「頻繁に出る動詞を先に覚えておくといい」などと良く言われますが、無視してください。また、それら(頻出動詞)をネットで検索するよりも、『出る順』を順番にやっていってください。それらの動詞もちゃんとフォローされていますから。

では、単語学習、がんばってください!!!