Tendai Taishi Written by Seimin Kimura

日常英会話とビジネス英会話の違い【ビジネス英会話のおすすめ本】

English Speaking

よく、「ビジネス英会話」という言葉を聞くと思います。

また、実際に、仕事で英会話が必要になって、ビジネス英会話の学習を始めた人もいますよね。

そこで、気になるのが、日常英会話とビジネス英会話の違いです。

つまり、ビジネス英会話と聞くと、何か特別な学習をしなければならない…と考えます。

結論から言うと、日常英会話とビジネス英会話は同じです。

ビジネス英会話の方が簡単な理由

実は、ビジネス英会話になると、会話のほとんどを専門用語が占めます。

つまり、普段使わない特殊な単語を使う必要が出てきます。

逆に言うと、少々文法が崩壊していても、共通認識の単語だけで、会話が通じます。

例えば、海外の製薬会社で働いているとすると、ある薬品の単語を話すだけで、「その成分」「値段」「開発状況」「必要な素材」など、会話をしなくても予想が付きますよね。

仕事中に、しかも薬品を作っている時に、オモライスの話はしませんから(笑)

日常英会話オススメビジネス本

かといって、会社で使う英会話の作法みたいなものは、知りたいですよね。

相手に失礼のない言い回しとか。

ということで、今回は、ビジネスに注目した本を紹介したいと思います。

ぶっちゃけ、ビジネス本は、「もう初級終わっているでしょう」というスタンスで入る本が多いです。

日常英会話を学んだ後に、学習することをオススメします。

『NHK 実践ビジネス英語 ニューヨークシリーズ The Final Chapter ベストセレクション完結編』

NHKラジオ「実践ビジネス英語」最終章からベスト20をセレクトしたものです。

内容も豊富です。

ビジネスといっても、海外で働いていく中での生活や、トラブルにも対応した本ですね。

こんな感じ。

  • 出勤初日
  • 愛と利益
  • 第一印象
  • 見知らぬ人たちとディナーパーティー
  • セクハラ対策を刷新する
  • 孤独という現代の病
  • 在宅勤務

『即戦力がつくビジネス英会話 改訂増補版: 基本から応用まで』

6つのチャプターから出来ています。

「基礎から応用まで」と書いていますが、

ある程度、日常英会話を学習してから、始める方が良いでしょう。

目次はこんな感じです。

  1. ビジネスコミュニケーション入門
  2. 社外とのコミュニケーション
  3. 社内でのコミュニケーション
  4. 会議で使う言い回し
  5. 交渉で使う言い回し
  6. プレゼンテーションで使う言い回し

目次を見るだけでも、ビジネスに特化した内容であることがわかりますね。

中身は、けっこうハードですよ。

『英会話 超リアルパターン500+【ビジネス編】』

著者がアメリカでビジネスをしていた時に、一番よく使った「必須パターン200」と、

その「類似パターン300」に分かれていて、500フレーズを覚える学習法になっています。

反復練習がテーマです。

こちらも、ある程度の英語力が付いていないと、厳しいかもしれません。

『改訂版 英会話ペラペラビジネス100』

シンプルをコンセプトにしています。

また、「日本語→英語」の変換練習です。

丁寧な「どうですか」は、 Would you like…?
「見学していかれますか」 →Would you like a tour?
I’ll (I will) の一番の使いどころは「…しておきます」
「会議室、押さえておきますね」 →I’ll reserve the conference room.
用件がはっきり伝わる枕ことば、About the …
「工事の件ですが…」 →About the construction …

という感じで、シンプルにまとめられています。

『キクタン英会話【オフィス編】』

キクタンは、有名ですね。

内容は、「出社」から「アフター5」までの1日の仕事の流れにそって、学習するタイプの本です。

372フレーズを、3週間でマスターする内容になっています。

ちなみに、よく「3週間」とか、修得までの期限が書かれているものが多いですが、この数字は無視した方がいいです。

「仕事ですぐに必要だ!」というのは、わかりますが、

あせっても良いことないですから。

時間は気にせず、着実に身に付けていきましょう。

目次は、こうです。

  1. あいさつ
  2. 始業前
  3. 日常業務
  4. 備品・機器
  5. 休憩
  6. 来客・面会
  7. 電話
  8. 会議
  9. 予定
  10. アフター5

けっこうありますね(笑)

3週間…短いですね。

『英会話フレーズ大特訓 ビジネス編』

どちらかというと、TOEICの学習に特化したものです。

ビジネス英会話を学びながら、TOEICで高得点も狙おう! と言う感じです。

またまた、「日本語→英語」の反復練習です。

  • ビジネス必須フレーズを「日→英」で反復練習。
  • 「ベーシック会話」→「オフィス会話」→「商談・接待・出張」とステップアップ方式。
  • TOEIC頻出フレーズ300を学習。

まとめ

今回は、ビジネス英会話に特化した本を紹介してきましたが、

日常英会話がちゃんと身に付いていないと、ビジネス英会話から学んでも、あまり意味が無いです。

また、はじめにも言ったとおり、ビジネスの場合、ほぼ専門用語で乗り切れるのも事実です。

何度も言いますが、短期間でマスターしようと思わないで下さい。

英語に限らず、言語を修得するには長い時間がかかります。

理由は、短期的な暗記ではなくて、身に付けることが大切だからです。

私たちも、赤ちゃんの時から何年もかけて日本語を身に付けてきましたよね。

大げさでなく、一生かけて学ぶと思って下さい。

では、良いスピーキングLIFEを!